日本のED治療薬

EDは現代では珍しくない病気の一つです。

EDとはいわゆる勃起不全のことで、
様々な理由により、男性なら多くの人に起こり得る病気です。

英語では「Erectile Dysfunction」と表記し、
日本語で「勃起障害」あるいは「勃起不全」と訳されます。

そんなEDの治療薬ですが、ネットでは本当にたくさんの種類の製品が販売されています。
しかし、ED治療薬は副作用もあります。

ED治療薬で有名な、
バイアグラ、シアリス、レビトラは、厚生労働省認可の薬品であり、
健康な人や心臓病の患者が服用すると大変危険です。

なので、必ず医師の診察を受け、
服用方法の説明を聞かなければ命に係わるというリスクがあります。

しかし、正しい使い方をすれば、ある程度の問題は軽減されます。

ED治療薬の有名な副作用として、顔のほてり、頭痛、胸やけ、下痢
などがありますが、
一時的なものですし、服用量を減らすなどの対処で軽減することが可能です。

日本製のED治療薬はあまり見かけませんが、
こういった副作用が前提の薬ですと、やはり危険度が高いと思われ、
日本では開発、製造が難しいのかもしれません。

海外製のさまざまなED治療薬の誇大広告が目につきますが、
自分の身体に服用するものですので、
悩んでいるにしても、やはり安全に使用したいものですね。

ジェネリックと安全糖尿病とED