ジェネリックと安全

あなたはジェネリック医薬品を御存じですか?

テレビコマーシャルなどの影響で認知は広がってきていますので、
言葉だけでも知っている方も多いと思います。

ジェネリック医薬品とは、いわゆる後発薬品で、
開発費などが低く抑えれるため、
先発薬品とほとんど同じ成分にも関わらず、
安く購入出来るというメリットがあります。

そんなジェネリック医薬品ですが、
テレビなどのメディアでは一切デメリットは伝えられません。

本当に安全なのでしょうか。

まずジェネリック医薬品は、
先発医薬品に比べ、審査項目が少ないという特徴があります。

これは、先発医薬品よりも安全性が低いと捉えがちですが、
そうとも言い切れないのです。

ジェネリック医薬品について解説しているサイトでは次のように記述されています。

「ジェネリック医薬品の審査の際に省略される試験項目は、
先発医薬品において既に確認済の内容であり、
試験項目が先発医薬品と比べて少なくても、
先発医薬品と同等の有効性や安全性を有すると判断することができます。

これは、米国や欧州の各国でも同様であり、
最新の科学的知見に基づく世界標準の考え方です。」

低価格ということで少し不安になりがちなジェネリック医薬品ですが、
実際に普通の病院でも認められていますので、
安心して使用しても問題無いように思います。

インドのジェネリック日本のED治療薬